? 毛利蘭
名探偵コナンのデコメ【公式】 絵文字 壁紙無料で取り放題

毛利蘭

2011年現在もコナンが新一だという事実には気づいていないものの、蘭がコナンの仕草に新一の面影を重ねる場面などは何度も描写されている。
初期には1度だけ、コナンと新一が同一人物だとは思わず、コナンに「新一が大好き」と告白してしまったことがあった。
一人称は「わたし」。その他に、ピアノは『月光』の第一楽章を弾けるくらいの腕前を持つ。

子供好きでもあり、少年探偵団のメンバーからも慕われている。
新一が別の女性と付き合っていてキスまでした仲だという話を当の彼女から聞くと、赤面しながら暴走して行先のトイレの扉を破壊しようとしたり、
当の新一がいるかもしれないという情報を聞き付けたマンションのドアを問答無用でいきなり蹴り破って、派手に侵入した話もある。

また、自らの命を危険にさらしてまで誰かを守ろうとすることもある。
蘭自身は犯罪組織と接触した事実には気付いていないが、ベルモット自身は彼女に助けられたことを気に掛けており(助けられて以降、蘭の事を「エンジェル」と呼んでいる)、蘭を組織と関わらせないように配慮している。
工藤新一の幼馴染。

人物像帝丹高校2年B組所属。勝気で男勝りかつ無鉄砲な性格。

コナンのことを単なる小学生と信じていた頃には、彼に対して「新一が大好き」と発言したり混浴も行っていたが、コナンの正体が新一ではという疑惑が生まれてからは、そういう行動は一時無くなった(一応疑惑がなくなった現在では一緒にお風呂に誘うこともある。

連載初期には、新一の失踪が絡むと激怒するシーンが見られた。
帝丹高校空手部の主将を務めており、関東大会での優勝経験もある。
新一の帰りを待つ一方で、居候であるコナンの姉的な役割を果たす。
また、方向音痴でもあり、単独行動を取って迷子になる場面も多い。

名探偵コナンの大辞典目次

戻る

メニュー


スマートフォン・携帯でアクセス

おすすめ

ダウンロード

名探偵コナン大辞典

お友達にも!