? 高木渉
名探偵コナンのデコメ【公式】 絵文字 壁紙無料で取り放題

高木渉

目暮と共に、事件の捜査に当たることが多い。

何度も命の危機に遭っているが、毎回特に大きな怪我もなく回避している、かなり強い運の持ち主(ただし、非常事態以外ではあまり運が良いとは言えないが)。
アニメでは初期、原作でも中盤から登場し、レギュラーキャラとして活躍しているが、他の警視庁のレギュラーに比べ家族構成などのプライベートな部分は未だ不明。
その性格からか、少年探偵団の面々とは仲が良く、うっかり捜査中の事件のことを話してしまうこともしばしば。

普段乗っている車は日産・スカイライン25GTターボ(R34型後期セダン)。
ただし、この車はあくまでも捜査車両であって自家用車ではない。
大のプロレス通であり、それが事件と密接に関わった際興奮してその知識をまくし立て周囲から引かれ、プロレスラーが殺害される事件でつい喋りすぎて目暮警部に殴られるような結果となってしまった。
メインキャラの中では白鳥、毛利小五郎に次ぐ長身で、180cm代半ばとみられる。

刑事歴は1年以上3年以下である模様。
また、佐藤とキスをしかけるたびに、邪魔が入ってできなかったものの、犯人逮捕時の怪我による入院中に少年探偵団の計らいにより、ようやく実現した。

その他にもビデオ収集などの趣味がある様子。
口調は、年上・年下に係わらず基本的に敬語で、コナン達のような子どもに対しても割と丁寧に話しているが、同期(アニメでは後輩)で友人の千葉刑事に対してのみタメ口になる。

特にコナンからは信頼されているようで、よく事件についての調査を依頼されている。
登場からしばらくの間は頼りないキャラとしての扱いが多かったが、18年間未解決だった佐藤の父が殉職した事件を解決してからは、活躍する場面が増えた。
しかし、刑事としての能力を全否定されたり、連行中の犯人をみすみす逃したり、佐藤に贈る予定だった高額の指輪が事件に巻き込まれた挙句水没したりと、気苦労が絶えない。
作中で何度か拳銃を構える場面はあるが、まだ一度も発砲しておらず、その腕については不明。

名探偵コナンの大辞典目次

戻る

メニュー


スマートフォン・携帯でアクセス

おすすめ

ダウンロード

名探偵コナン大辞典

お友達にも!