? コナンアニメの内容
名探偵コナンのデコメ【公式】 絵文字 壁紙無料で取り放題

コナンアニメの内容

作品中に発生する事件は殺人事件(未遂もあり)が最も多い。そのため巻数を重ねても組織の正体が少しずつしか見えてこず、非常に長い伏線が張られていることが多々ある。また、事件においては物理トリックが使われているケースが大半を占める。

多くの登場人物の間に絡ませた恋愛描写もあり、幅広い年代に読まれている。
1996年から放映が始まったテレビアニメも高い人気を保つ。

漫画・アニメともに、世界各国で翻訳・刊行・放映されている。
青山の前作『YAIBA』の終了から4週間(前半2週間はスクウェア『ライブ・ア・ライブ』キャラクターデザインを挟んだため、実質2週間程度)の準備期間を経て連載が始まった。

謎の組織によって体を小さくされた高校生探偵が、数々の難解な事件を解決していくさまを描いた推理漫画。
タイトルの英語表記は『Detective Conan』で、他の言語もそれに従うものだが、北米のみ『Case Closed』というタイトルになっている。
主人公である工藤新一が、江戸川コナンにされてしまった体を元に戻して日常を回復するというのがこの作品の主軸であり、元の体に戻るべく「黒の組織」という巨悪の謎を解き立ち向かっていくというのが本作の大きな流れである。

また、黒の組織の幹部・ベルモットの正体に関しては、第24巻から第42巻まで続く非常に長い伏線となった。
例えば主要人物の1人、灰原哀は、第2巻の「10億円強奪事件」でその存在が示唆され、初登場は第18巻である。

この大きなストーリーの上で数々の事件が起こっていくわけであるが、事件のほとんどは組織とは関係ない。

名探偵コナンの大辞典目次

戻る

メニュー


スマートフォン・携帯でアクセス

おすすめ

ダウンロード

名探偵コナン大辞典

お友達にも!